Skypeの録音、スクリーンキャストの収録、DJ生配信にも便利なMac用オーディオルーティングアプリLoopback

Rogue AmoebaLoopbackというMac版の大変便利な有料アプリケーションをご紹介します。

これは、Macのオーディオを自在にルーティング(配線)できるアプリケーションです。

Macの内蔵オーディオから出力される音声は、同じMacの別のアプリケーションで録音したり、生配信したりすることができません。録音・配信するための一つの方法として、ループバック機能の付いた外付けのオーディオインターフェースを接続して使用することがあげられます。 (たとえば、SteinbergのURシリーズにはループバック機能があります。)

しかし、Loopbackを使うと、ハードウェアを増設することなく、Macで鳴っている音を録音したり生配信で流すことができるようになります。
従来は、SoundFlowerというアプリケーションが使われることが多かったと思いますが、SoundFlowerはすでに開発が終了しているようです。ここではLoopbackをおすすめします。

Loopbackには、購入前に試用することができる体験版があります。

Loopbackの使用例

Skypeの録音

Skypeで通話するときに聞こえる相手の声を録音することができます。もちろん、自分の声も録音することが可能です。

スクリーンキャストの収録

自分が話す解説音声だけでなく、Macで動くアプリから出る音まで含めて、スクリーンキャストを収録することができます。

生配信

ネットラジオや動画のライブ配信のような生配信で、Macのアプリから出る音を配信することができます。

今回は、上の生配信のケースを取り上げ、Native Instruments社のDJソフトTRAKTOR PRO 2での設定例を以下にご紹介します。

ここでご紹介する設定例は、フリーのDJソフトMixxxでも応用することが可能です。

DJソフトを使用する場合、マスター出力(ステレオ2チャンネル)とモニター出力(ステレオ2チャンネル)を合わせて4チャンネル(またはそれ以上)の出力が可能なオーディオインターフェースが必要になるのが普通ですが、Loopbackを使うことによって、2チャンネルしか出力のないオーディオ装置であっても、ヘッドフォンでモニターしながら、配信にはマスター出力だけを流すといったことが可能になります。

設定手順

使用する機材、ソフトウェアは以下の通りです。ここでは、DJソフトとしてTRAKTOR PRO 2を、配信ソフトとしてOBS(Open Broadcaster Software)を使用しますが、オーディオのルーティングの原理は別のソフトにも応用できると思います。

  • Mac
  • ヘッドフォン
  • TRAKTOR PRO 2(Macにインストール済みであるという前提で説明します)
  • Loopback
  • OBS

まず、MacにLoopbackをインストールします。

インストール方法については、Rogue Amoebaのサイトやアプリケーションの指示に従ってください。

Loopbackを起動します。

画像左下の「+」のアイコンをクリックして、仮想デバイスを作成します。このデバイスは4チャンネル出力にするので、それと分かるように、たとえば画像のように「Loopback Audio 4ch」と名前を適宜変更します。(実際には区別できれば別の名前でも構いません。)

作成したLoopback Audio 4chの設定を、上の画像のように変更します。

まず、Mute audio sourcesの左にチェックを入れ、Monitor audio through: の左のチェックは外します。

その下のChannel MappingはManualを選択し、その下の表のChannelsの列の下にある「+」を2回クリックして、画像のようにチャンネルを4つに増やします。

続いて、再びLoopbackの画面の左下の「+」をクリックして、仮想デバイスをもう一つ作成します。こちらはデフォルトの2チャンネルのまま使用するため、名称をただの「Loopback Audio」としました。(実際には区別できれば別の名前でも構いません。)

作成したLoopback Audio仮想デバイスのAudio Sourcesのところで、表の左下の「+」をクリックして、先に作成した「Loopback Audio 4ch」を選択します。

そして、Mute audio sourcesとMonitor audio through:の左のチェックを外します。

続けて、Channel MappingをManualに変更し、その下の表の1 (Left)、2 (Right)それぞれの行の右側のAudio Sourcesの列に、上のLoopback Audio 4chのChannelsの中から、Left (1)、Right (2)をドラッグして割り当てます。

さらに、Loopbackの画面の左下の「+」をクリックして、仮想デバイスを最後にもう一つ作成します。こちらはデフォルトの2チャンネルのまま使用しますが、モニター出力を聞くために使用するので、名称を「Loopback Monitor」としました。(実際には区別できれば別の名前でも構いません。)

Loopback Monitor仮想デバイスについても同様に設定していきますが、下の画像のようにしてください。Channel Mappingの設定に注意してください。

Mute audio sourcesのチェックは外し、Monitor audio through:にチェックを入れて「Built-in Output」を選択します。

Channel MappingはこれについてもManualを選択し、その下のAudio Sourcesは

  • 1 (Left)のチャンネルにはLoopback Audio 4chのLeft (1)と3を割り当てます。
  • 2 (Right)のチャンネルにはLoopback Audio 4chのRight (2)と4を割り当てます。

これでLoopbackでの作業は終わりです。Loopbackアプリケーションを終了して構いません。

次に、TRAKTOR PRO 2を起動します。

TRAKTORのメニューから Traktor > Preferences… を開きます。

PreferencesのAudio Setupを選択し、Audio Deviceを画像のように、Loopback Audio 4chに設定します。

次に、PreferencesのOutput Routingを選択し、Output Monitorを

  • Loopback Audio 4ch Out 2
  • Loopback Audio 4ch Out 3

に設定し、Output Masterを

  • Loopback Audio 4ch Out 0
  • Loopback Audio 4ch Out 1

に設定し、Preferencesを閉じます。

続いて、OBSを起動します。

OBSの設定を開き、「音声」>「マイク音声デバイス」を「Loopback Audio」(2チャンネル出力の仮想デバイスの、モニター出力ではない方です)に設定します。

以上で、設定は完了です。

Macにヘッドフォンを接続して、TRAKTORでDJしながら、OBSのミキサーのマイク入力のレベルを見て、ヘッドフォンでモニターしている音声がOBSには流れず、マスター出力のほうがOBSへ流れることを確認してください。

上の設定では、ヘッドフォンにはマスター出力とモニターしたい音源がミックスされた音声が聞こえてしまいますが、ヘッドフォンにはモニターしたい音源だけが聞こえるようにしたい場合は、上記の設定を参考に、設定を変えてお試しになってみてはいかがでしょうか。

生配信を再開、サイトの一部をリニューアルしました

約半年ほどお休みしていたネットラジオの生配信をSpreakerというプラットフォームで再開しました。

このサービスの良いところは、生配信を終了すると、音声がポッドキャストとしても配信されるということです。ライブ配信、オンデマンドのストリーミング配信、ダウンロードした上でのオフライン再生が一つのプラットフォームでサポートされており、ワークフローもスムーズです。

配信はどなたでもお聴きいただけますが、Spreakerで無料ユーザー登録してログインした状態でお聴きいただくと、Spreaker上でコメントを付けていただけます。

また、Spreakerにはよくできたスマートフォンアプリがあります。Spreakerでoguradioをフォローしていただくと、アプリで配信の通知を受け取ることができますのでぜひご利用ください。

そして、生配信を再開したことに合わせて、oguradio liveのウェブサイトをリニューアルしました。

これからもよろしくお願いします。

WWDC 2017でのポッドキャストのセッション

日本時間で2017年6月10日の午前5時50分から、WWDC 2017でApple Podcastsというセッションが行われました。

セッションの映像はWWDCアプリでライブ配信されました。

以下に、発表された主な項目のうち、ここに公開されているPDFの内容を、RSSフィードのタグについての発表を中心に翻訳します。

iOS 11での新機能

エピソードの情報を明確に示すことができるようになる。

ポッドキャストに、より多様な、物語性のあるコンテンツを含めることができるようになる。(たとえば、連続ものの話やシーズンのみの話題。)

Podcastアプリの仕様のアップデート

  • 明確で簡潔なタイトルを付けられるようになる
  • 一つのシーズンの中で、エピソードが順序付けられおすすめされる仕方を改善
  • 新規の購読者が現在のシーズンのすべてをライブラリに受信することができるようになる
  • ユーザーがやめたところで聞けるようにするクイックプレイの追加

続いて、RSSフィードに関するアップデートです。

Podcastアプリの新規の、または更新されたタグ

ポッドキャストの種類に関するタグ

<itunes:type>

ポッドキャストのタイプ。<channel>レベルに適用されます。

タイプは、次のいずれかの値を取ります。

episodic(デフォルト)

単独のエピソードの場合、または、最新のエピソードを最初に表示・おすすめされるようにしたい場合に、episodicを指定します。このオプションは最新のエピソードがトップにくる形でシーズンをサポートします。

新規の購読者に対して、Podcastアプリは最新のエピソードをライブラリに追加します。

serial

最初のエピソードを最後に表示・おすすめされるようにしたい場合は、serialを指定します。このオプションは物語、一定のテーマのあるもの、複数のシーズンをサポートします。

新規の購読者に対して、Podcastアプリは最初のエピソード、またはシーズンが使用されている場合は現在のシーズンすべてをライブラリに追加します。

エピソードの情報に関するタグ

<itunes:season>

シーズンの番号(1,2,3などの、0でない整数)です。<item>レベルに適用されます。

単独のシーズンを含む番組にシーズンの機能をもたせるために、RSSフィードにシーズンが1つしかない場合、Podcastアプリはシーズン番号を表示しません。2番目のシーズンをRSSフィードに追加したときに、Podcastアプリはシーズン番号を表示します。

<itunes:episode>

エピソードの番号(1,2,3などの、0でない整数)です。<item>レベルに適用されます。

シーズンの中でおすすめされるエピソードの順番を指定するためにこのタグを使用します。

<itunes:title>

エピソードのタイトルです。<item>レベルに適用されます。

明確で簡潔なエピソードの名前を含む文字列です。

Appleは、このタグにポッドキャストのタイトル、エピソードの番号、シーズン番号を指定しないことを推奨します。

<itunes:episodeType>

提出するエピソードのタイプ。<item>レベルに適用されます。

次のいずれか1つの値を取ります。

full(デフォルト)

1回の番組の完全なコンテンツを提出するときに、fullを指定します。

trailer

1回の番組のプレビューを表す、短い、プロモーションのコンテンツを提出するときに、trailerを指定します。

bonus

(たとえば、舞台裏の情報または出演者のインタビューといった)1回の番組に対する追加のコンテンツを提出するときに、bonusを指定します。

<guid>

エピソードに付けるグローバルに固有な識別子(GUID)の文字列です。<item>レベルに適用されます。

どの<item>タグ(エピソード)も永続的で大文字・小文字を区別するGUIDを持つべきです。エピソードをRSSフィードに追加するとき、どのエピソードが新しいかということを決定するために、大文字・小文字を区別するやり方でGUIDが比較されます。エピソードにGUIDを追加しない場合は、エピソードのURLが代わりに使われます。

1つのエピソードには1回だけGUIDを割り当て、変更はしないでください。既存のエピソードに対して新しいGUIDを割り当てると、ポッドキャストのリスト表示および、Podcastアプリでのチャートの配置に問題が発生する場合があります。

エピソードの説明に関するタグ

<itunes:summary>

エピソードの要約です。<item>レベルに適用されます。

エピソードを説明する一文を含む文字列です。このタグの中ではHTML、[CDATA]、その他の書式はサポートされません。

<content:encoded>

エピソードのメモです。<item>レベルに適用されます。

エピソードに関する情報を含む文字列です。このタグの中では、リッチテキストフォーマットおよびいくつかのHTML(<p>, <ol>, <ul>, <a>, <em>, <i>, <b>タグ)を使用することができます。

Podcast Analytics

最後に、Podcast AnalyticsのSneak Previewがありました。2017年中にローンチする予定だそうです。

Podcast Analyticsでは、エピソードの中のどの部分がほかより面白いかということに関するデータも出るそうです。(イントロがスキップされたかなど。)

個人的にはこのAnalyticsにはかなり期待しています。

ブログ開設にあたって

いつもoguradioのネットラジオ、ポッドキャストを聴いてくださり、応援してくださるみなさんのために、また、これから聴いて応援してくださるかもしれない方々のために、ブログを始めることにしました。

個人名義ではいくつかブログを持っているのですが、それらとは別に、このブログでは、oguradioとしてのお知らせや、ネットラジオ、ポッドキャスト界隈の情報を中心に、更新していきます。

今後ともよろしくお願いします。